【直島・豊島】第一回なゆ拉致ツアー報告(2016 3/5〜6)

なゆ拉致ツアー!

無事、奇跡を完遂しまくって、終了いたしました。

ありがとうございましたーーーー!!!ヾ(≧▽≦)ノ

なゆ拉致ツアーとは…?

①拉致らせてくれるひとを募り
②行き先など、なにも知らせず
③集合場所と日時指定だけし
④当日、むやみに強制連行!
⑤よくわからないまま一方的に振り回され連れ回され、
起こることを、刺激的に徹底遊びつくす!
⑥いえい!さいっこー!ヾ(≧▽≦)ノ…を持ち帰る。

…ということを目的とした、ツアーです。

ツアーというと語弊があるため、正確には拉致&強制連行です。

NAYURAがいきたいところしか、いきません。
ただ、振り回されるのみ!!!!という、ツアーです。

行く場所もなにもかも、どんなとこかも、何をするかも、
全て当日まで到着するまで知らされないため、
つくまでどこに行くかわからない。

だけどこれまでにない体験が間違いなく待っている!
さあ、どうする?…というある意味、運試しかつギャンブルであり、
キモがすわっていないと参加できないという一泊二日の「拉致ツアー」!

そして大成功しましたヾ(≧▽≦)ノ
いえーい拉致サイコー。えきさいてーん!

 

ツアーのライブレポート(日記)はこちら!

①拉致ります!はじまりはじまり〜!!
②バスに強制連行だぜー!
③バスに飽きた。早く空がみたい。
④上から撮影すると、アンチエイジング効果があるらしいよ。
⑤いざ!島へ!
⑥島唄よ風に乗り鳥と共に海を渡れ
⑦またーり
⑧あるこうあるこう。
⑨さらにまったりしあわせ
⑩しる、うまい。
11.札幌には竹がないらしい
12.実に良い日じゃった
13.美術館に泊まったことある?それもスイート。
14.アートないちにち
15.次なる島へ
16.ぶーん
17.ドキドキした後
18.アートはいいね
19.解放ちかし
20.旅おしまい
21.ところで、美術館に併設されているホテルの極上スイートルームは?
22.拉致ツアーのまとめ

今回は、とてもアートな気分だったため、
瀬戸内は直島・豊島をめぐる拉致にしようと企み、計画を遂行。
当日、拉致られた人は8名!岡山に8:45分に集合!
(岡山のまわりには、会いたいなあって思う人が沢山いたけどぐっとガマン;;。
心で再会&ハグ。つぎは会おう!)

たいがい、“突発の思いつき”こそ“神の思いつき”。
そういったときには偶然・運・タイミング・チャンスのすべてが味方してくれる。

8という数って人数が多いから、普通に考えたら席を用意したりするのも
並んだりと大変な数だけど、普通じゃないから、
こちらでなにをしようとしなかろうと、行く先々どんなところでも
“ウェルカムエイト”がおこる。

必ず行く先々で、ぴったり8つの席が空いている(笑)
行列などにも全く待つことがない。するするとすべてが進む。
すべてが滞りなく、つつがない。

時間もスケジュールもすべてが美しく起こる。
これが大安心の素晴らしさ。
きれいな奇跡が私たちのまわりをうずまいて、取り囲んできた。

なによりも素晴らしかったのは、
美術館を併設しているホテルにある、
この時期なかなか予約が取れない世界的に有名な
極上のスイートルームが直前に2部屋キャンセルで空いたこと!

さすがだ。
見えない流れがこうやって私たちに、
ニクい演出をしてくれる。

青の泉が輝くとてつもなく感動的なところ。
いるだけでクラクラし頭がぷわーっとほぐれ、脳が開く。

そんな美しくラグジュアリーな拉致に、
みんなが恍惚な表情にかわっていくのを見ているのがヒジョーに楽しい。
アートを感じながら小さな島を散歩。くだらない話で笑ったりもりあがったり。

松ぼっくりでキャッチボール。
パスぼっくりしたり。

大きなかぼちゃオブジェで写真を撮ったり。
穏やかでも、気づかなくても、
この一秒ずつの時間が感性には刺激的だろうwというような時間をすごす。
夜の美術館、やらかい光がゆっくり変わり、
夜空の闇を縁どるナイトプログラムに魅入り、心がうっとりとろけた。

そして翌日は、別の島にわたって海風を心地よく浴びながらサイクリング。

梅の花を桜と勘違いし桜だ!と言い合いながら、
坂を思い切り海に向かって下れば、
頭も心もあっという間にあっぱっぱー。

梅が桜に見えたってことは、ダブルで楽しめていいじゃなーい。
だれも通らない道を8人だけで貸し切って、颯爽と走り抜ける。
この爽快感たるやハンパない!

「ひゃっはー」と声をあげるメンバー全員、無意識ふなっしー。

それから、みんなで心臓の音を録音した。
怪しいでしょうw?

録音した音を、真っ暗な密室で、
最高サウンド&大音量で聞いてみた。

そう、利き酒ならぬ「利き心臓w」。
この利き心臓がすごくて、たまらんかった。私の最高のツボにはまった。

だって、全員がちがうリズムで音で鼓動を刻んでる!
まるでワルツのようだったり、透明感があったり、和太鼓のようだったり、
スキップのようだったりと。自分には絶対奏でられない別の音。

わたしたちの体の中には音楽がある。その音には言葉がある。

見えないが話をしている。それは全て違う。生きてる!
もう大感動すぎてしゃーなかった。

なにより近しい人の心臓の音は、大音量で浴びても心地がいいのだ。
自分の心臓の音はすぐ自分と共鳴する。

生まれる前からともにあるから、当たり前だよね。
同時に聞いたらすごいハーモニーか、交響楽団か。

ひとりひとりみんなちがうって、それこそアートだ。

神様あんたすごいよウオオオオ!と小躍りしながら瀬戸内海に
じゃぶじゃぶ入ってばっしゃばっしゃして高笑いして、
思い切り空にあちこちに叫びたくなったけど、今日はやんない。

常識をちょっとブッ飛ばしたくらいがちょうどいい。
常識が飛び越えられないなら、拉致するまで。強制連行。

普段という鎖をひっぺがし、ただ自由への道連れ。
「拉致ツアー」大好きでたまらんファミリーと行けて、心がほくほく。

まだまだたくさんの体験したけど、書ききれないからこんなかんじで。
参加した皆さん、今日も頭ふわふわしてます?ぶっこわれてます?
起こること出会うことが、相当刺激的で楽しかったね!

また、拉致りを企てます。どうぞ刺激を召し上がれ。
わたしも強制連行の楽しさを覚えてしまったため、また拉致らせてください。

今回、泣く泣くこれなかったみなさん!ぜひ次回も企みます。
そのときは、全身全霊で拉致ります。

普通・常識という言葉に染められた魂と感性に
またとない体験と忘らんない刺激を突き刺します。
次回開催を、どうぞお楽しみに。

ちゅーわけで、こちらの思いつきに賭けてみて!

参加してくれたみんな、ほんとありがとう。

愛してるわーん!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

楽しい人生を創るお手伝いをするツールたち

ページ上部へ戻る